この秋は
なかなかタイミングがあわず
山に行くことができなかったんで

行った気になれる本を読んで
お茶を濁す の巻。

kamigaminoitadaki

どうせなら
一番高い山に行った気になろうと。。。

第11回柴田錬三郎賞受賞作
神々の山嶺/夢枕獏

やっぱ、これでしょうね。

物語はフィクションですが
登場人物の羽生丈二は明らかに森田勝さん、
長谷常雄は長谷川恒男さんがモデルと思われます。


山に登る、登らないに限らず、
読んだことのない人は一回読んでみて! と
強くすすめたい本です。


これを読んで

私も無酸素でエベレストに登りたくなった!という人は
ほとんどいないと思いますが

私のように
とりあえず カトマンズ までは行ってみてーな。
と、思った人はたくさんいるんぢゃないかなぁ。